縮小手術

小陰唇肥大症は、小陰唇縮小手術という施術で治療することが出来ます。形成外科や美容外科クリニックにて小陰唇縮小手術が行われています。大きい部分を切除することで一般的なサイズにすることが出来ます。

Read More

手術跡が残らない

小陰唇肥大症を治療する手術を受ける際に心配なのが、手術跡が残ってしまわないかという点です。小陰唇は粘膜なので新陳代謝が活発で、ほとんど手術跡が残りません。ヒダに合わせて縫い合わせる事で更に目立たなくすることが出来ます。

Read More

審美性を重視

小陰唇肥大症手術の後が自然で、跡も残らないという事を重視するのであれば、美容形成外科がよいでしょう。治療を行なうというだけでなく、審美性を重視しているため綺麗に仕上げてくれます。

Read More

女性器の悩み

小陰唇肥大症という女性特有の悩みがあります。女性器の小陰唇という部分が一般的なサイズよりも大きいという症状です。
小陰唇とは、女性器の左右を囲むようにしてついているヒダ部分のことです。膣内に雑菌が侵入しないようにするという働きや、デリケートな女性器をダメージから守るといった働きをしています。
小陰唇の外側には、大陰唇というヒダがついています。本来小陰唇は大陰唇の内側に収納されています。しかし、小陰唇肥大症になると、大陰唇を飛び出してしまいます。
審美性が悪く、コンプレックスの原因となってしまいます。デリケートな女性器の悩みは、親や親しい友人にも相談することが出来ず一人で抱え込んでしまいがちです。

小陰唇肥大症になると、様々なデメリットが生じます。小陰唇が大陰唇の外に飛び出すことで、下着と擦れて痛みを感じるようになります。
また、自転車に乗ったり、イスに座ったりする際にも小陰唇が挟まってしまい痛みを感じるようになります。
このような刺激を受けることで、皮膚が分厚くなり黒ずみが生じます。性器が黒ずんでいる女性は男性経験が多いという俗説があり、コンプレックスとなります。
入浴の際も小陰唇と大陰唇の間にある溝が深くなり、洗浄が行き届かない事が多くあります。垢が溜まり嫌なにおいや雑菌が繁殖する温床となってしまいます。
様々なデメリットがある小陰唇肥大症は、美容外科クリニックや形成外科で治療することが出来ます。